クリーニング屋さんで洋服を保管してもらえる事実

衣類を預かるサービス

洗濯物

料金や依頼前の注意点

クリーニング店の中には、保管サービスを行っているところもあります。保管サービスとは、クリーニングした衣類を、依頼主の希望に合わせて、数ヶ月間預かるサービスです。保管期間は、クリーニング店によるのですが、多くの場合は最長で9ヶ月となっています。そのためたとえば、冬用のコートを春にクリーニングに出して、次の冬が来るまで預かってもらうこともできるわけです。しかもその間、虫が寄ってきたりカビが生えたりすることがないよう、衛生管理がしっかりと行われます。そのため、衣類の収納場所に困っている人や、衣類を長持ちさせることを希望している人の多くが、保管サービスを利用しています。料金もやはりクリーニング店によって異なっていますが、相場は1ヶ月あたり100〜200円です。無料というところもありますが、この場合はクリーニング料金に、あらかじめ保管料金が加算してあります。またいずれの場合も、シミ抜きが行われますが、頑固なシミの場合、完全には除去できないこともあります。したがって保管サービスを依頼する前には、預ける衣類の状態をしっかりと把握しておくことが肝心とされています。そのシミが保管中についたものではないことを、受け取り後に確認するためです。もちろん取れかかっているボタンや裾のほつれなどは、依頼前に直しておくことが大事です。ただしオプションサービスを利用すれば、クリーニング時にこれらをプロの手で直してもらうこともできます。