クリーニング屋さんで洋服を保管してもらえる事実

収納がいらないのが魅力

ウーマン

場所をとる冬物衣類

冬の季節が過ぎたとき、衣替えとなります。使わない服はクリーニングに出すことになりますが、特に冬物衣服はその頻度が多くなります。というのも、冬物衣服はどうしても自宅で洗濯が難しい厚手のものばかりです。しかもその扱いが難しい革製品や毛皮ものも多くなるため、最初からプロのクリーニングに依頼する方がよっぽど安全というわけです。クリーニングはただその衣服を綺麗にしてくれるというわけではありません。実はオフシーズンの間その衣服を預かってくれる、保管してくれるサービスもあるのです。もちろん、それぞれのクリーニング店で多少の違いはありますが、保管サービスを利用することが出来れば自宅での冬物衣服の収納に困ることがなくなります。意外に場所をとる厚手の衣服、時には冬物の布団や毛布もすべて保管してもらえます。もちろんプラス料金は発生しますが、使うときにだけ取りに行ける、その利便性に勝るものはありません。ではクリーニングの保管サービスはどのくらいの料金で利用できるのでしょうか。衣服の種類によっても多少違ってきますが、安いものであれば保管サービスも付いた状態で1000円程度で利用できます。これにオプションのサービスを付加することもできますし、保管期間を多少延長することもできます。それぞれのニーズに合わせたオプションも付けることが出来る、それこそ、お気に入りの洋服をしっかりクリーニングし長く着続けることができるわけです。